Q&A ネットショップ構築の更新プログラム【CGIパーツ】

ネットショップ繁盛 ホームページ更新CGI
サイトマップ 個人情報保護
ネットショップ構築プログラム

ホームページ更新
CGIパーツ一覧


↑まずはこちらから↑14日無料体験

サービス概要

ご注文・お支払方法

プログラム利用規定

ネットショップ開業
お役立ち用語集

お問い合わせ

QandA

Q&A

ご購入CGIの設置
CGIの設置
「Internal Server Error」のエラーが発生します。

「OPEN ERROR」のエラーが発生します。

管理画面のパスワードが分かりません。

パスワードを忘れてしまいました。

掲示板の投稿時にエラーが発生します。

画像をアップしても表示されません。

「ファイルを作成できません」のエラーが発生します。

同じCGIを2個設置したい。

投稿できる記事数は最大どのくらいでしょうか?


「Internal Server Error」のエラーが発生します。
下記の原因が考えられます。

■Perl パスが間違っている。
プログラムの最初の行に下記のようにPerlパスが記述してあります。
  /usr/bin/perl
このパスはサーバによって定められています。
サーバのサイトでPerlパスを確認してサーバの指定と異なる場合は修正して下さい。
多くの場合、/usr/bin/perl 又は /usr/local/bin/perl です。

■CGIのパーミッションが間違っている。
CGIプログラムのパーミッションが実行可でないと上記エラーが発生します。
パーミッションはサーバの指定によりますが、一般的には「755」に設定すれば実行できます。
又、xxxdataディレクトリのパーミッションを「755」に設定してみて下さい。

■FTPの転送モードが間違っている。
FTP転送でcgiファイルをバイナリモードで転送すると上記エラーが発生します。
FTPの転送モードが下記のようになっているか確認して下さい。
 ・テキストファイル(cgi、html、txt、css): アスキー(テキスト)転送モード
 ・画像ファイル(gif、jpg、png): バイナリ転送モード
「OPEN ERROR」のエラーが発生します。
ファイルの読み書きでファイルを開こうとした時に発生するエラーです。
原因は下記が考えられます。

■xxxdataディレクトリがサーバの所定の場所に存在しない。
xxxdataディレクトリはCGIプログラムと同じディレクトリに置かなければなりません。

■パーミッションが書込可になっていない。
パーミッションはサーバの指定によりますが、xxxdataディレクトリのパーミッションを「777」、その中のファイルのパーミッションを「666」に設定します。

■option.txtファイルが存在しない。
xxxdataディレクトリの中にoption.txtファイルが存在しなければなりません。
もし存在しない場合は、option.txtという空ファイルを作成して、サーバのxxxdataディレクトリの中に転送します。
option.txtのパーミッションを「666」に設定します。
尚、option.txtはプログラムによりoption.cgiの場合があります。
管理画面のパスワードが分かりません。
パスワードは各プログラムの「使用方法」に記載しております。
パスワードの初期値は半角小文字で「cgi」の3文字です。
パスワードは管理画面で変更して下さい。
パスワードを忘れてしまいました。
パスワードは暗号化されていて、それを見ても元に戻すことはできないので管理者でもパスワードは分かりません。
その場合はパスワードを初期化することになります。
初期化は、xxxdata/option.txtのファイルをサーバへ転送して下さい。option.txtは空ファイルです。
但し、上記のファイル内容が初期化されますので管理画面の基本設定の内容を再度設定し直す必要があります。パスワードは「cgi」に初期化されます。
尚、option.txtはプログラムによりoption.cgiの場合があります。
掲示板の投稿時にエラーが発生します。
英文スパム投稿防止の為、投稿時にひらがな又は全角カタカナを1文字以上入れるようにお願い致します。
又、投稿内容でhttpのリンク数を制限していますので、リンク数は4個以下でお願い致します。
画像をアップしても表示されません。
サーバによっては、通常のHTMLディレクトリとCGIを実行するディレクトリが分離されていて、CGIのディレクトリに画像ファイルをアップロードしてもブラウザから表示できない場合があります。
その場合は、xxxdataディレクトリをHTMLとCGIの両方のディレクトリに転送します。
そして、管理画面で「画像格納ディレクトリ」にHTMLディレクトリ側のxxxdataの絶対パス又はCGIからの相対パスを指定します。URL(http://)は使えません。
「画像読出ディレクトリ」はHTMLディレクトリ側のxxxdataのURLを指定します。
「ファイルを作成できません」のエラーが発生します。
ファイルを新しく生成しようとした時に発生するエラーです。
ファイルは xxxdataディレクトリの中に作成されるので、xxxdataディレクトリのパーミッションを「777」に設定しているか確認して下さい。
同じCGIを2個設置したい。
同じCGIを複数設置する場合は、設置するディレクトリを分けて下さい。
例えば、下記のようにnews1、news2ディレクトリを設けます。

  <同じCGIの複数設置例>
     |---news1
     |   |---newsdata
     |   |---news.cgi
     |
     |---news2
        |---newsdata
        |---news.cgi
投稿できる記事数は最大どのくらいでしょうか?
記事の最大件数は特に制限しておりませんが、あまり多くなるとサーバに負荷が掛かると思いますので、最大300件程度でお使い願います。
又、分類を設定できるプログラムについて、分類数は30件程度でお使い願います。
尚、サーバからデータをダウンロードしてバックアップをお取り頂くようにお願い致します。

サーバに負荷が掛かるとデータを正常に更新できなくなったり、データを消失する場合が考えられます。サーバの負荷は使用するサーバや環境によって異なりますので一概には言えませんが、上記を目安として考えて頂きたいと思います。


ホームページ更新CGIプログラムTOP初めての方ご利用ガイド運営会社導入ショップ様リクエスト制作依頼フリー素材


Copyright©CGI Parts Shop All Rights Reserved.